<< WD10EALS-R換装 Google画像検索 >>

mk250買った

 Windows7にするのに、現在使っていた無線キーボードはOSに対応していないらしいので、ぶーぶー言いながらもキーボード買い換え。
 今のキーボードは重くてでっかいMSのフルキーボード。
 基本的にだらだら寝転びながらキーボードを打ったり、座椅子に座って膝の上において打ったりするので、小さくて軽い無線キーボードが欲しい。
 それでもってファンクションキーがちゃんと区分けされていて、独自配列もしていない普通のキーボード。
 そんな都合のいいキーボードがあるのか? と思ったらありました。LOGICOOLのMK250
 なんでそんな都合がいいのかというと実は前からちょっと欲しくて、買うならこれだと決めていたんです。
 当初はLOGICOOL MK320と決めていたのですが、そんな最中にこのMK250が発売されて、小さくて軽そうな無線キーボードというのが魅力的でこっちにしました。
c0071182_16574526.jpg

 実物は写真で見て想像してたより、すっごい軽くて薄いです。
 小さく凝縮されている分、打ちにくいんじゃないかと少し不安でしたが、キーまでが小さいわけではなくて、これで充分。
 キー配列も妙な独自配列はなく、すぐに馴染めました。
 ちょっと安っぽいけど、そこまで気にならない。見た目は普通のキーボード。
 マウスは使ってないんでよく分かりません。しいて言うなら電池の蓋がとても開けにくいです。爪折れました。これどうやって開けるの??
 あとはWindows7にするだけなんですが、肝心のそれがいつになることやら。
[PR]
by dtm_hama | 2010-07-26 17:16 | 家電、PC関連 | Comments(0)
<< WD10EALS-R換装 Google画像検索 >>