<< お風呂のカビ対策 マグ変更 [SM-KA48] >>

MARSHAL MAL-3035SBKU3を買ったレビュー

HDDのバックアップ構成を変更するため、MARSHAL HDD TOWER 4 MAL-3035SBKU3を買った。

現在のバックアップ構成のHDDは、USB2.0、USB3.0、eSATAで規格もばらばら、
取って付けたようにHDDケースを繋ぎまくった適当な構成なので、
この4台入るHDDケースを購入しました。
c0071182_9563386.jpg

4台入るだけあってサイズは大きい。キューブ型のパソコンぐらいある。
作りは丈夫そう。
4TBのHDDにも対応しているので、長く使えそうです。
ホットスワップも対応しており、電源を入れたままHDDを抜き差ししてもきちんと認識してくれます。
このケースにはRAID機能は搭載されていませんが、
個人用のシンプルなバックアップ構成で、HDD倉庫として使うのなら問題ないと思います。

1台目にはUSB2.0で遅くて参っていた、数年前に買ったバッファローの外付けHDD1TBを使う。
こいつは市販品なので分解して入れます。
ネジ止めではなく、爪を引っかけるかみ合わせだったので、カッターナイフの背でこじ開ける。
c0071182_10122322.jpg

中に入っていたのは、今は無きHDD部門であるSAMSUNGのHDDでした。
これをMAL-3035SBKU3のケースに入れる。
ケースのHDDの固定もネジではなく、専用トレーに固定し、そのまま差し込むだけでok。
ただこの専用トレーのプラスチックは、結構脆いので取り扱いは注意。
かみ合わせが合わなくて、何度かがちゃがちゃしていたら部品をいきなり折ってしまった('A`)
c0071182_1014396.jpg

なんというか、2.5インチHDDやSSDも搭載できるのが、この商品の面白いところ。
まあ使わないと思いますが。
使わないと思うので、なんというか記念に最初だけ使って見た。
この記事で書いた、余っていた120GBの2.5HDDを入れてみる。
c0071182_1021529.jpg

このように右隅にネジ止めする。ただ2.5インチを付ける場合は、
トレーについている固定用のプラスチックが干渉するので部品を取り外さなければならない。

とりあえずこれで繋いでみる。インターフェースはUSB3.0で接続。
しばらく使ってみましたが、速度、安定性ともに問題なし。
古いHGSTの320GBを入れた時だけ認識しなかったのですが、
接触が悪かったのか何度か入れ直しているうちにきちんと認識されました。
S.M.A.R.T.もちゃんと2台とも読み込んでくれます。
c0071182_1044544.jpg

・音に関して。
ファンの音は特別静かというわけでもなく、この大きさのケースとしては、だいたいこんなものかと思います。
しかし明らかに耳に付く音が聞こえるので、音に関して気になったり、常に付けっぱなしの状態で起動するなどの用途は注意。
ここで組んだPCファンの音データを上げていますが、静音PCの場合だと、PCよりかは大きな音がします。

・バックアップは。
重要なファイルは1日1回自動でバックアップを取り、
HDD全体のバックアップは週1回、Backupを使って手動で行う。

・温度
私はバックアップ用で、電源をオンにしても数時間程度なので問題ありませんが、
サーバ用途などで常時電源オンだと温度に関しては高くなりそう。
4台フルに搭載すると廃熱が間に合わないのか温度が少しずつ上がっていきます。
WDのグリーンラベルのような低速低発熱のHDDならいけなくもない、か?
4台とも7200rpm以上のHDDを乗せるのは避けた方がいいと思います。

・まとめ
倉庫用としてはいいと思います。
音に関しては、個人的に当方の環境は静音に拘っているので少し大きめ。
常時電源オンは難しいと思いますが、拘りがなければ問題ないと思います。なんともいえませんが。
上記に書いたように接触関係で認識しないことがありましたが、こういう入れるだけのタイプは抜き差しを繰り返すと基盤に負担をかけそうなので、優しく使いたいところです。
このまま使って不具合が出なければいいですね。
もし何か問題や不具合が出たら、この記事の追記に書きます。

タイの洪水以降、高騰していたHDDの価格も落ち着いてきましたし、
せっかくこういうケースを買ったので、そろそろHDDの構成も大胆に変更しようかなと思います。
現在PC内蔵のWDのHDDは、13295時間使用。まだ大丈夫かと思いますが、容量が少なくなってきたので、
内蔵を2TBに換装し、これをMAL-3035SBKU3に入れて、バックアップ用に使っている残りの2TBを装着、さらに3TBを新しく購入し装着すれば、これ1台で全てバックアップができるかなと。
・個人的メモ
バックアップに必要な容量。
120GB [システムSSD]
1TB [内蔵HDD1]
1TB or 2TB [内蔵HDD2]
2TB [外付けHDD]
------------------
必要最大容量の合計 4.2TB~5.2TB
上記バックアップ構成最大容量 7TB


[PR]
by dtm_hama | 2012-07-25 10:08 | 家電、PC関連 | Comments(0)
<< お風呂のカビ対策 マグ変更 [SM-KA48] >>