<< 万能リモコン~ [RM-PLZ... サブのテレビを買う [DM16... >>

懲りずに自分で設置してみる 温水洗浄便座編 [DL-WF20]

前々回。この記事で書いたように、食器洗い機を自分で設置工事をし大変な苦労をしました。
やはりこういう慣れない作業は割り増し料金を払ってでも、業者さんに頼んだ方が楽だなぁと思ったのですが、まーた懲りずに自分で設置工事をしてみる。

今回は温水洗浄便座(ウォシュレット)を設置する。
まあ前回の工事に比べれば、止水栓を止めて設置するだけの簡単なもんでしょ? と、まったく前回の反省を生かさない軽い気持ちで設置に挑む。
設置するのはこれ。
・Panasonic 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ エコナビ 瞬間式 DL-WF20-CP パステルアイボリー
ウォシュレットに関しては、鋭い水流が苦手なので、水流にワイド機能があるパナ製しか選択肢がない状態。
しかも下位機種にはワイド機能がないので、3万円代のこれ。ほんとは1万円台のでも良かったけど、ワイドがなぁ~・・・。
まあ電気代がこっちの方が安いですし、 トータル的に考えるとDL-WF20で良かったかなと思います。
4万円台にまで値段が上がるWF40と悩みましたが、機能としては便座の自動開閉とタッチレスリモコンだけの違いだったので財布と相談し、DL-WF20にしました。
各温水洗浄便座の詳しい仕様の違いは、Panasonic公式ページの左メニューにある、『商品ラインナップ(PDF)』が分かりやすいです↓。
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DL-WF20

ここに便座を取り付ける。
c0071182_2228558.jpg

ちょっと遠目に撮って誤魔化しましたが、うちのマンションは築二十年ぐらい。
壁紙やフローリングは張り替えて新品とは言え備品は二十年もの。
入居してまだ一ヶ月も経っていませんが、はっきり言って便座は使い古されており綺麗とは言いがたい。
便座が暖まる温便器?ではあるが、壊れておりコンセントを入れてもまったく使えない状態。
前の住人がホルダーに貼っていった謎のお花のシール。う、う~ん・・・?
c0071182_22311036.jpg

身も心も便座も新しくすべく、さっそく新しい便座を設置する。
買った便座(DL-WF20-CP)を見てみると部品数もそんなに多くなく、簡単そうとまだまだ甘く見て取り付け作業に入る。
c0071182_2236295.jpg

まずは止水栓を閉め水を止める。これね↓
c0071182_22372341.jpg

先っぽにマイナスドライバーが入る差し込み口があるので、これを右に回して閉める。
が、いきなり問題発生。パナの説明書には付属のレンチで簡単に回している様子が紹介されていましたが、築二十年の恐怖。
これがもうガチガチに固まっており、うんともすんとも動かない。
付属のレンチがいきなりグニャグニャに。
c0071182_22393669.jpg

この野郎と今度はマイナスドライバを持ってきて強引に回そうとするが、駄目。手が真っ赤に腫れるだけ。
ほんとに固く固まっている。仕方が無しに作業をいったん中断、説明書とGoogle先生の力を借りる。
この止水栓は開きっぱなしで年月が経つと、固まって動きにくい状態になるそうで、最悪の場合、古いものを強引に回すと止水栓自体が破損し、水が噴き出し大変な状態になるそうだ。
あわわ・・・これで水を止められなければ取り付けられない・・・と軽く絶望しましたが、説明書をよく読むと、水道の場合は外に元栓があるので、それを閉めれば全ての水道を止められるとの記載が。
外に出て探してみると、ガス給湯器の下に何やら謎の空間が。
ここに違いないと開けてみると、
c0071182_22524888.jpg

うーん、ここが地獄か・・・。
怖ろしい。こんな場所が自分の住んでいる空間に存在していたことが怖ろしい。
上にも色々なバルブっぽいものがあって怖いのですが、どうやらこの下の水色?をしたバルブが水道の元栓らしい。確かに水っぽい色だ。
おそるおそるこのバルブを閉め、中に入り水道を出してみると、おお確かに水が止まっている。
これで作業をようやく再開。
給水管を取り外し、付属のフレキシブルパイプを取り付ける。
水も止めたし後は取り付けるだけで余裕じゃーんと思ったら、なんと給水管を取り外してみるとちょっとずつではあるが、水が出ている・・・。
な、なんで、元栓は閉めた筈なのに。
とりあえずタオルをその場に敷き慌ててまた外に走る。もう一度元栓をきつく閉め、戻ってみるもやっぱり一滴ずつぐらいではあるが水が出てきている・・・。
そこで若干躊躇しましたが、取り付けられないことはなかったので慌てながら分岐金具と給水ホースと取り付ける。
この辺りは慌てすぎて写真撮影すらできませんでした。ごめんなさいm(_ _)m

説明書を見て取り付けて説明書を見て、の作業を繰り返しているうちに、一滴ずつの水の漏れではありますが、トイレの中は大変なことに。
以前の食器洗い機の取り付けでも経験したので分かっていたのですが、
使い古したパッキンを触っていると手が真っ黒になる。
水浸しと真っ黒の手で狭いトイレの中、慣れない作業をしていると、どこか遠くへ逃げ出したくなりました。
手が真っ黒なので蛇口を捻って手を洗おうとしましたが、元栓閉めてるのに水なんか出るわけない。
自分の愚かさに辟易しながらも、漏れてくる水に迫られなんとか取り付け完了。
戦いの後。
c0071182_2375085.jpg

うおっ、よく見ると給水タンクにも謎のお花のシールが・・・。この写真を見て気がついた・・・。
ああぁ、しかし・・・つかれた・・・。
元から付いていた便座は壊れているとはいえ、賃貸の物件であるため原状回復が必要なので、以前の部品は今回のダンボールに入れて保管しておきます。
ちなみにこの取り付けも大家さん(管理会社)に確認して行っておりますので、賃貸物件の方は一応連絡した方がいいと思います。まあしなくても出ていく時に元に戻せば問題ないんですが。

リモコンを取り付ける。
何度も言うようですが賃貸なので壁に穴なんてもっての他。
強力な両面テープで貼り付けることにしました。
c0071182_23174033.jpg

壁紙がでこぼこですが、強力にくっついており剥がれる気配はありません。
でもちょっと斜めになっちゃった。
c0071182_23182335.jpg

まずは漏電をテストしてから、試運転。
説明書にあったようにビニールを挟み込み、実際に動作するか確かめる。
c0071182_23293659.jpg

おお出てる出てる。
c0071182_23295021.jpg

便座や水も温かく問題なし。設置完了。

この便座は瞬間式なので、待機状態の温度を低くし消費電力を抑えている分、便座や温水が暖まるまではいくら瞬間式とはいえちょっと時間がかかる。
その辺りは各サイトのレビューなどを見て分かっていたため許容範囲。
便座の待機温度は15℃らしいので、暖まるのが遅いとはいえ冬場に鳥肌が立つほど冷たい便座になることはないので安心。
ただ一瞬で温めるため、人センサーが感知した後すぐに座ると、冷たい→暖め全開→熱い→ちょうどいい、とムラができる。この辺り残念。
センサー感知からしばらく余裕を持って座った方がよさそう。余裕ない時はどうしようもないけど。
追記^よく見たら便座あたためランプが点滅して、温めまでのお知らせしてくれてました。お恥ずかしい。
温水も完全な冷水ではなく、生温かい状態から徐々に温かくなる感じで問題ないと思います。
ウォシュレットの能力も当然ですがまったく問題ありません。ワイドもありますし。
ただPanasonicの温水洗浄便座はメモリー機能がいまいちなので、ワイドの場合は、いちいち使う度お尻ボタンを押した後ワイドボタンを押さないと駄目です。
記録できるのは洗浄強さ、洗浄位置、あとは温水、便座の温度だけ。ワイドなどの設定はなぜかメモリーできないのです。
これうちの実家にある数年前のPanasonicの機種でも同じなのですが、いい加減メモリー機能を強化して欲しいですよね。
たとえば家族用に、洗浄位置や強さ、ワイドなど、それぞれ使う人によって設定を呼び出せる、一発ボタンみたいなメモリ機能はどうでしょう。

・温水洗浄便器を設置してみて
結論。慣れない内はやっぱり設置工事は業者さんに付けて貰った方がいいです(-_-)
懲りずに自分で設置工事をし、何度も挫折しそうになりながら取り付けました。
やりがいある! けどほんと大変です・・・。
あと元栓閉めたのに水が少しずつ漏れていたのは、未だに謎です。もっとガチガチにきつく閉めないと駄目なんだろうか。
大事なことはあらかじめ止水栓が回せるか、設置方法などを調べておくことなど、事前の準備が大切だと感じました。

【楽天市場】 温水洗浄便座
[PR]
by dtm_hama | 2013-03-29 23:50 | 家電、PC関連 | Comments(0)
<< 万能リモコン~ [RM-PLZ... サブのテレビを買う [DM16... >>