<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【PS版】凡人の野望-ジオンの系譜、攻略日記-

時々やりたくなるゲームというのが、初代サガフロンティアとギレンの野望なのです。
そして今更ながら、再びギレンの野望をプレイ。
PSP版の最新作が出ているにも関わらず、いわゆるPS版の『ジオンの系譜』です。
またこのゲームも難しいもので、長時間やるにつれてロードが時間が非常に辛い辛い。
苦節数百時間以上プレイして、ロード時間だけで、角で殴れば小動物ぐらいは殺せそうな、山田風太郎のえげつなく分厚い小説を二、三冊読み終えてしまいました。
そして何度も敗北をしつつも、なんとか連邦編をクリア。
ハマーン様を筆頭に女だらけの特別編を出すことが出来ました。
c0071182_2005344.jpg

連邦編は、イベント関係で突如として本拠地やら、わけのわからない地点に大規模な敵軍がにょきにょき沸いて出てくるので、それが非常に理不尽で鬱陶しかったのです。
ただ連邦編は第一部を完全勝利で終われば、第二部にエゥーゴ以外の敵勢力が出ます。
どっちみちジオン編で特別編を出すには、エゥーゴが敵勢力として出現するので、連邦DISCは実質一回のオールクリアで特別編が出ました。
第一部はギレンの和平交渉に答えず、そのままサイド3を制圧。完全勝利。第二部はパイロット獲得のためエゥーゴ吸収。
三つ巴の戦いは避けたいので、デラーズ、ティターンズのどちらか一方を集中して叩き、弱体化させておいた方がいいでしょう。
ただし中途半端にどちらか一方を倒してしまうと、シロッコだのハマーン様だのが出てくるので、一方を弱体化しても完全には制圧せず、今度はもう片方を攻略していきましょう。
問題は放置し過ぎると、敵は本拠地で山ほど兵器を作って攻めてきますので、定期的に攻め込み量産させないようにします。
ただこれはちょっと非効率、なので卑怯なコツをば。
宇宙なら本拠地の敵を一機だけ残し、物資切れにさせて、HLVを突入、残りの自軍を退却させる。敵は物資がないので拠点制覇も攻撃も何も出来なくなり、放置状態。あとは委託でおk。
地上でも一機残しの物資切れ狙い。でも委託にすると勝手に倒してしまうので、敵に地上攻撃が出来ない航空機を一機残して、こっちは戦車など適当なのを残して放置。
もしくは敵がMSなら友軍に地上攻撃が出来ない航空機を突入。水面近隣なら潜水艦でも突入させておければおk。
これで敵は生産も何も出来なくなるので、無駄な兵力を裂くことなく、残った敵と集中して戦うことができます。
ただこれをやってしまうと、後の攻略が簡単過ぎるので、やりがいが無くなるという方は注意。
そもそも二勢力ともこの技で生殺しにすれば、もうやりたい放題。ターン数さえこなしていけば、Zガンダム100機とかカオス的なことも出来ますし、充分な準備を整えて、次に出てくるアクシスやティターンズを楽勝で攻略できます。

次ジオンも攻略。なんとかザビ家同士の戦いである特別編を出せました。
記事の順番は連邦→ジオンですが、実際プレイした攻略順番はジオン→連邦です。
c0071182_2003735.jpg

まさにこのゲームのメインはジオン編。本編ではなし得なかった、ギレン様の野望を遂行するのですな。
ジオン編で特別編を出すには、少々面倒くさいです。必須ではありませんが、いちいち最初からプレイするのを避けるため、セーブデータが三つぐらいは欲しいです。
一つは通常メインで進行するデータ。一つは第一部の木馬関係のイベントで、ガルマ様の生死を左右するデータ。それでもって最後は、ジャブローに攻め込む前のセーブデータ(100ターンまで待ち、判定勝利にさせるため)。
後、もしもの時のため、メインのデータとは別に、本編進行とは数ターン前の予備セーブデータが一つ欲しいところ。

まずはメインのセーブデータで、完全勝利を目指してプレイ。手間にならないよう上記、二つのセーブデータは残して起きましょう。
完全勝利の場合、第二部は、ネオジオンとティターンズが初期勢力で出ます。
ここからは完全勝利を目指して敵勢力を倒すだけです。
コツとしては連邦編で書いた通り、どちらか一方を弱体化させ生殺しのままもう片方を攻略。
十分な資金物資が貯まれば、どちらか一方を殲滅させ次の勢力との戦いに集中する。これの繰り返し。
ネオジオンの本拠地は、本編の逆シャアとは違いスウィート・ウォーターがまだ存在しないので、なんとグラナダ。サイド3と近くてほんと非常に鬱陶しいです。
そのネオジオンを倒すとエゥーゴが出ます。
順調に残りを倒し、そして最後にアクシスが出現。これを攻略で完全ジオン公国完成。ジークジオン!
次はジャブローに攻め込む前のセーブデータ。100ターンまで待って、判定勝利にしましょう。
ここでガルマ様が生きていれば、10ターン目ぐらいに新生ジオンが。ガルマ様が死んでいれば、キシリア様の正統ジオンが出現します。
これも攻略。残すは後一つ。
こんどはガルマ様の生死に関するセーブデータで開始。上記でガルマ様が死んでいれば、今度は生かし、生きてればお亡くなりになってもらいましょう。
ここで完全勝利で第一部を終えてはいけません。上と同じように、100ターンまで待って判定勝利で攻略。
そうすれば同じように10ターン目に、残りの敵勢力が出現します。
これで特別編がようやく出現。ジオン、連邦会わせて最低四周は必要かと思います。

・まとめ。
やりすぎると、ジオンの系譜脳になってしまい目を瞑っても勝手にゲームが脳内で再生されてしまいます。
テトリスを長時間やり過ぎるとゲームの電源を切った後でも、脳内で勝手にテトリスをやっているアレです。
そうだ。これをボルジャーノンテトリス脳と名付けよう!
攻略中は、寝ていても作戦を失敗する悪夢を見て、冷や汗びっしょりで起きたこともちらほら。
これが夢だけならいいのですが、恐ろしいのは悪夢が現実でもよく起きるということ。
完全に有利な戦況でも、小さな油断で、あっという間に形勢逆転されてしまい、どうにもならない状態に陥ってしまう恐ろしいゲームです。
敵の部隊数はつねに気を使い、悪夢を見るほど、頭を悩ませて戦況を進めなければならない、この恐るべきストレスと、そんなストレスを感じながらもプレイしてしまう中毒性。
マゾゲーなのかもしれませんね。

あと気になったこと。
ジオン、連邦ともに共通して、どーも敵勢力の資金、資源の流れが現実よろしく不透明。どうにもこうにも、なんかイカサマくさいぞぉ。
二拠点ぐらいで高級MSをフルまで量産しまくるくせ、技術LVもがんがん上げて、新型をばしばし投入してくる。どこにそんな金があるんだよ。

ちょっとしたコツ。
有名なのが進入技。
単機で敵エリアに侵入し交戦状態にさせることで、敵の移動を妨害&攻め込まれること、生産も妨害できます。
場所によっては敵を避けて移動し、先にある部隊数0の地点を楽に制圧できたりします。
自分が使っていたのは、それのちょっとした応用。
安価のユニットを敵の部隊数と同等、もしくは少し少ないぐらいでも良いので作って侵入させます。
CPUはこちらの戦力ではなく数で判断しているのか、部隊数が同じぐらいだと自分からは攻め込んできません。後は放置。
その間に防衛に必要なくなった残りの部隊を集め、一つの拠点を集中攻撃。これと部隊数0への進入技を併用して、無駄な防衛隊を最小限にとどめます。
最終的には二、三カ所、交戦状態のままずっと放置してたり。で、余裕が出てきたら、増援を送って制圧しましょう。
ただ敵が増援を送ってくる可能性もあるので、あくまでその周りを攻撃して、陸の孤島に出来る場所が狙い目。
生産拠点、大規模な敵部隊が隣接していると増援を送られる可能性が高いので、そういう場所は避けるか、もしくはそこに攻め込むために、これを使うもよし。
ヨーロッパからアジア方面、アフリカへの攻略、アメリカなどで使いやすいです。
それに海に面した非常に攻めにくい場所も、こうやって放置しておけば楽です。
ただ欠点は交戦状態のままになるので、莫大な時間が掛かってしまうこと。委託が使えないのも面倒くさいです。

おまけ。
上で書いた生殺し術を使って作ってみた、ハマーン様も真っ青なキュベレイ200機。悪い冗談みたい。
c0071182_22543100.jpg

Zがいっぱい。修正してやる!

c0071182_537553.jpg

■機動戦士ガンダム ギレンの野望ジオンの系譜を一生楽しむ本 (ゲーム必勝法スペシャル)
[PR]
by dtm_hama | 2008-09-21 22:54 | ゲーム全般 | Comments(0)

地デジは、ちょっと……。

 最近は地デジ地デジと非常にうるさくなってきましたが、当分買い換える予定もなく、たぶん2011年までは買うことはないでしょう。実際問題、そうなっても格安のチューナでも買って、今のテレビを使い続ける可能性大。
 それに地デジ対応のテレビって、馬鹿デカく数十万もする大型テレビばかり。ファミリーなら分かるのですが、一人暮らしでどうでもよくぼんやりテレビを見ている自分としては、2、3万の小型テレビで十分です。
 そういうのもある程度需要があるわけですから、そのうち14型の地デジ対応テレビが格安で出るかなぁと勝手に思ってみたものの、でも地デジはワイドなので、14は無理かも。
 今のテレビは21型なので、小さくするのも、ちょっとなぁ。
 やっぱりチューナを買って、今のまま使い続けるかと思います。
 とかなんとか言いながら、もしテレビを買ったら、ここで報告を。
 そもそも壊れてもいないのに、買い換えなんて抵抗があるわけですよ。
[PR]
by dtm_hama | 2008-09-09 08:12 | テレビ | Comments(0)