<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

豊天商店の靴

豊天商店(ブーデン)の靴がお気に入りで、スニーカーに引き続きブーツも買ってしまった。
c0071182_18451331.jpg

安いからついつい集めてしまう。
あとブーデンは結構サイズが大きめなので、ワンサイズ下がちょうどいいことに気づいた。
普段は26cmですが、25.5cmがぴったり。むしろちょっと余裕があるぐらい。
ナイキのスニーカーなんかは26cmでもギチギチなんっすけどねー。
靴とか服のサイズって、もっときっちり統一して欲しいですよね。


[PR]
by dtm_hama | 2012-06-29 18:50 | 出来事、日常 | Comments(0)

電波時計で揃えてみた

我が家の置き時計が壊れたので、買い換えを気に電波時計で揃えてみた。
c0071182_2025983.jpg

左からセイコー(PYXIS)シチズンカシオという、意識したわけではないのですが、国内の有名な三大メーカーが揃ってしまいました。ちなみ腕時計は前から持ってたものです。
個人的には腕時計がセイコー、アナログ置き時計がシチズン、デジタル置き時計がカシオというのがブランドイメージに合っていると思うのですが、デザインメインと価格重視で選んだところこんな感じに。
しかしさすがはどれも電波時計、3つとも秒針までぴったり同じというのが精密心を刺激されますね。
ちなみに、うちは電波が悪かったので、このようにカーテンレールの上が一番電波を受信しやすい位置です。
なにやらシュールな風景ですね。
c0071182_2021326.jpg

どのメーカーの電波が良かった、時間が狂いやすかったなどは、とくに感じられませんでした。
大体1ヶ月ぐらいで5~10秒程度、それぞれ秒針にずれが。
でもどれかが特筆して電波がいい、ズレにくいというのはありません。品質的に同じぐらいですね。
しいて言うならPYXISの温度、湿度表示が少しあやしい。他のより少し高めに表示されています。
■PYXIS 目覚まし時計 デジタル 電波時計 NR525W
■CITIZEN 目覚し時計 ネムリーナR05 電波時計 4RLA05-018
■CASIO 腕時計 LINEAGE リニエージ タフソーラー 電波時計 MULTIBAND 6 LIW-M610D-1AJF
[PR]
by dtm_hama | 2012-06-27 20:26 | 出来事、日常 | Comments(0)

静音パソコンを作る part2 【Ivy Bridge編】

自作パソコン続き。前回の記事はこちら→静音パソコンを作る part1
構成は以下の通り↓
・ケース-ANTEC SOLO II
 リアファン-TRUEQUIET120(600rpm)
 フロントファン-KAZE-JYUNI SY1225SL12SL(500rpm×2)
・電源-Super Flower SF-500P14FG(ファンレス電源。500W 80PLUS認証:Platinum)
・マザーボード-ASUS P8H77-V
・CPU-Core i7 3770 BOX
・CPUクーラー-ENERMAX ETS-T40-TB
 CPUファン-AINEX OMEGA TYPHOON G 120mm 究極静音タイプ CFZ-120GL(900rpm)
・メモリ-CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]
・SSD-インテル 330 Series 120GB SSDSC2CT120A3K5
・ビデオカード-SAPPHIRE ULTIMATE HD6670(ファンレス)
・HDD-HGST1TB&WD1TB(旧PCから流用)
・サウンド-EDIROL UA-5(旧PCから流用)
・ドライブ-Pioneer BDR-207JBK(旧PCから流用)
・OC-Windows7 Ultimate (64bit。これも流用)
アイネックス カームフレックス吸音シート MA-044

・配線
配線は裏配線。電源がプラグインタイプですが、ちょっと配線スペースが小さめ。
でもこういう配線で、上手な方はとても綺麗に配線しますよね。芸術性が問われます。
ふつくしい裏配線の画像を参照に、自分も頑張ってみましたが、なんか汚いな……。
---うら---
c0071182_557671.jpg

黒なので潰れてしまいました。ごめんなさい。
赤丸がHDD裏の配線スペースです。ここが狭くてぎちぎち。青部分は配線用に穴2つ。緑はCPU供給用の電源やファンの電源を通す。

---おもて---
c0071182_2572882.jpg

HDDの搭載位置から、どうしてもSATAケーブルが気になります。でもこの後ろにファンがあるので、サイドからHDDを差し込むタイプだとエアフローが悪くなるので仕方ないかぁ。
裏配線がごちゃごちゃなのと、サイドパネルに吸音シートを貼った厚みで、
パネルを閉める時はかなり窮屈でした。

・PCI
ビデオカードはSAPPHIRE ULTIMATE HD6670
SOLO IIのケースは小ぶりながらも、下にスペースが十分ありビデオカードの長さを気にする必要がないため、
ハイエンドの巨大なグラボも取付けられますが、ここはファンレス重視でミドルレンジ(ミドルレンジとローエンドの中間ぐらい?)のGPU。
Radeon HD 7750のファンレスとかなり悩みましたが、
どちらにしても性能は中途半端なので予算都合でHD6670にしました。
3Dゲームもほとんどせず、動画サイトをちょこちょこ見るぐらいなので、これぐらいで。
後は旧PCからの流用で、eSATA用のインターフェイスカードもグサリ。
この辺りは疲れすぎて写真撮影すら疎かに。

・完成
c0071182_2591978.jpg

SOLO IIはパソコンらしいパソコンというか、デザインがいいですよね。
ミドルタワーでも少し小ぶりなのが可愛らしい。自分で作った分、妙な愛着がが!

・静音性
肝心の静音性は、とても静かです。
以前のPCも静音で組んでいたのですが、温度の問題からケースは密閉型ではなく開放型で、
ある程度のファンの音が漏れていました。
今回は電源をファンレスにしたため、HDDを除き音を出しているのは、
フロントファン×2、リアファンとCPUファン。
そのどれも低速回転で回しており、密閉型なのでほとんど音は漏れてきません。
自宅にあるテレビや空気清浄機の電源を落とし、
耳を澄ますとブーンとファンの回転音が僅かに聞こえる程度です。
当初、まず起動を確認するため最低限の構成でBIOSを立ち上げるテストをしていたのですが、
電源ボタンを押してもまったく音がしなかったので、通電していないのかと疑ってしまいました。
中を見るとファンがゆるゆると回っており、BIOSも立ち上がりました。
うーん、低速ファンは怖ろしいほど静か。

一応録音したので音のデータと波形を上げときます。ご参考程度に。
http://www1.axfc.net/uploader/He/so/365910
DLキーワードは「iminashi」
01パソコン音pen4は、かなり昔。Pentium4時代の普通のパソコン。ほぼリテール。
c0071182_634311.jpg

02パソコン音CM690は、今まで使っていたPC。開放型ですが、低速回転ファンや静音電源など静音性重視で組みました。
c0071182_635683.jpg

03パソコン音ANTEC SOLO IIは、今回のこれ。
c0071182_64327.jpg

音が小さかったので、それぞれ10デシベルずつノーマライズしており、実際に聞こえる音より大きいです。
実際には02で、僅かに聞こえる程度。03は生活音に紛れるとほぼ聞こえない。周りを無音状態にして耳を澄ませば僅かに聞こえるぐらいです。
しかしPentium4時代のパソコン。めちゃくちゃうるさいですねw

・温度
室温26℃。
---アイドリング---
c0071182_3501934.jpg

CPU 33℃
マザーボード 28℃
グラフィック 48℃
HDD1 32℃
HDD2 29℃

---高負荷---
c0071182_401480.jpg

CPU 59℃
マザーボード 28℃
グラフィック 44℃
HDD1 31℃
HDD2 30℃

負荷テストでは最大値を計るため、CPUの負荷テストツールで負荷をかけています。
c0071182_41520.jpg

全部スレッド100パーセント。
このまま1時間ほど放置。
60℃を超えなければいいなと思ったら、
ちょうどCPU温度は、59℃から60℃で安定。
c0071182_41475.jpg

グリス問題でIvy Bridgeはどうかと思ったのですが、結構冷えてますね。OCしなければ十分という感じ。
ENERMAX ETS-T40-TBCFZ-120GL(900rpm±200)の組み合わせで、低速ファン×1個の構成でもいい感じ。
このファンは可変域が±200でかなり細かく制御してくれます。
音に関しても回転数が上がると耳障りな音を出すわけでもなく、
数値上で回転数が上がったことを確認できるだけで、
音が大きくなったとか小さくなったとかは、聞き取れないほど静音性が良いです。
SOLO IIではケース右下がすっきりして拡張性を犠牲にしている分、エアフローは優れていて、低速回転でもよく冷やしてくれます。静音PCを組むにはなかなかお勧めできるケース。

しかしCore i7 3770早すぎ。
試しに適当な動画をエンコードしてみたのですが、
30分の動画をH.264、ビットレート3000kbpsで、2パスかけても12分程度で完了しました。

・感想
あーつかれたw
組み立てからOS&ソフトインストールで、慣れない作業な分、12時間ぐらいかかりました。
作っている途中なんども、やっぱりBTOにしとけば・・・。と心が折れそうになりましたが、いざ完成すると達成感と謎の愛着があります。
ちなみに、SOLO IIの説明書の日本語ページには、頑張れ日本! の文字が。
c0071182_3105173.jpg

ANTECさん、ありがとうございますm(_ _)m

追記^2013/07/18
約一年使ってきました。今までとくに問題なかったのですが、CPUファン(CFZ-120GL)から突然謎の異音が。
回転の軸が安定しないのか、キュルキュルという異音を放つようになってしまいました。
仕方なくETS-T40-TBについてきたファンに取り替え。
経年劣化にはちょっと速すぎ、残念でした。
それ以外は順調です。



[PR]
by dtm_hama | 2012-06-18 03:20 | 家電、PC関連 | Comments(2)

静音パソコンを作る part1 【Ivy Bridge編】

ここに来て現役のPCの調子が急激に悪くなってきたので、新PCを作ります。
当初はBTOにしようかと思っていたのですが、やはり自分好みのパーツで構成したい欲と、
旧PCから流用できるパーツが多かったので自作にします。
静音メインでOCなし。予算は10万円以内です。
構成は以下の通り↓
・ケース-ANTEC SOLO II
 リアファン-TRUEQUIET120(600rpm)(ケース付属)
 フロントファン-KAZE-JYUNI SY1225SL12SL(500rpm×2)
・電源-Super Flower SF-500P14FG(ファンレス電源。500W 80PLUS認証:Platinum)
・マザーボード-ASUS P8H77-V
・CPU-Core i7 3770 BOX
・CPUクーラー-ENERMAX ETS-T40-TB
 CPUファン-AINEX OMEGA TYPHOON G 120mm 究極静音タイプ CFZ-120GL(900rpm)
・メモリ-CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]
・SSD-インテル 330 Series 120GB SSDSC2CT120A3K5
・ビデオカード-SAPPHIRE ULTIMATE HD6670(ファンレス)
・サウンド-EDIROL UA-5(旧PCから流用)
・HDD-HGST1TB&WD1TB(旧PCから流用)
・ドライブ-Pioneer BDR-207JBK(旧PCから流用)
・OC-Windows7 Ultimate (64bit。これも流用)
アイネックス カームフレックス吸音シート MA-044

自作は久々で、実用機として2台程度しか組み立てたことのない初心者です。
お見苦しい点があるかもしれませんので、色々とご了承ください。
なんのデータもなく初心者が静音PCを組むのは問題なので、
様々なネット情報を参考に組みました。冷却系やエアフローの構成は、某BTOショップの静音パソコンを参考。

ケースは密閉型、電源とビデオカードはファンレスなので、
エアフローを前から後ろに作って冷やす。CPUクーラーはサイドフロー。
冷却が不安だと、ケースフロントファンの回転数をもうちょっと上げていいかも?
とりあえず静音重視で、500rpm×2にしました。
CPUクーラーは800で回してる方もいるみたいなので、もう少し回転数を下げても大丈夫かも。
でもCFZ-120GLの最大ノイズレベルは10.8 dBなので、静音性が気に入ってこれ。
マザボはASUS好きなのでASUS。
ほんとはZ77が良かったのですが、予算を考え、OCなしグラボも一枚なのでH77。
CPUもOCしないので順当にKなしの3770。グリスとヒートスプレッダの問題でOCはちと不安。殻割りする勇気もなし。

と、いうわけで作っていきます。
c0071182_2331549.jpg

・ケース。
SOLO IIのパネルでは、すでにサイドパネルとトップパネルで二層構造の遮音パネルを採用しており、
遮音性が優れたものになっていますが、この上に更に市販の吸音シートを貼っていきます。
使う吸音シートはアイネックスの吸音シート
c0071182_235010.jpg

このシート、Amazonのレビュー通り匂いは強烈。接着剤というかクリーニング店の匂いというか。
なので、しばらく空気に触れる場所で干していたところ、匂いは半減しました。
しかしサイズを確認してから買うべきでした。1個じゃせいぜいケースの片面で尽きます。
やはりこういう吸音シートは全面に貼らないとあまり効果はなさそうなので、
後日もう1個追加注文し貼ることにします。とりあえず今はここまで。
ケースのHDDゲージにあるマウント用のゴムは、賛否両論がありますので、
ここはエアフロー改善のため、取り外して使用することに。
あとSSDはケース右下に取り付けることが可能で、HDDは2台しか搭載しないので、風の通り道を作るため真ん中のHDDトレーは引き抜いておきます。
ファンもくっつける。リアはケース付属のもの。回転はLowで。
付属しているのはリアファンだけなので、フロントにはKAZE-JYUNI SY1225SL12SL×2個購入。
c0071182_2484911.jpg

・電源
SOLO IIでは電源は先に取り付けた方が楽という情報があったので、先に取り付けます。
電源はSuper Flower SF-500P14FG
当初ファンレス電源でもう少しお安いのがあったのですが、ファンレスという不安要素があるだけに、
悩み抜いて、やはり変換効率の高い80PLUS PLATINUM認証のこれに。
電源容量は500W。CPUのTDP 77W、グラボもミドルクラス1枚なので十分だと思います。
電源の取り付け。なんでも前作のSOLOではこのケースの横棒が外れず、電源取り付けで非常に邪魔になったそうですが、SOLO2ではネジ止めで取り外しができるようになっているため、外して簡単に取り付け。
c0071182_2384336.jpg

電源の位置。ヒートシンクがある方を下にしました。
ファンがないので、上部分のメッシュになっている所は使わず、下にしてエアフローの流れで冷やせればと。

・マザーボード&CPU
CPUとCPUクーラーの取り付け。
慣れない作業+値段がもっとも高い部品なので、ここが一番どきどき。
c0071182_2451968.jpg

CPUクーラーのETS-T40-TBはバックプレート、取り付けは慣れないと大変ですね。
でも他の複雑なバックプレートより、ETS-T40-TBは比較的簡単に取り付けられると思います。
シリコングリスはCPUクーラー付属品を使う。塗りは押し広げ方式で簡単に。
CPUの取り付け、シリコングリスの塗り方などはこの辺りを参照↓。
http://www.dosv.jp/feature/1005/15.htm
http://www.dosv.jp/feature/0606/14.htm
CPUクーラーは付属のファンは使わずに、CFZ-120GLをくっつける。
c0071182_338347.jpg

ミドルタワーケースの中でも小さめのSOLO IIに、ENERMAX ETS-T40-TBが干渉せず取り付けられるかどうか心配でしたが、
事前にネットで調べたところ、SOLO+ETS-T40-TBで自作されている方がいましたので、IIでも大丈夫だろうと購入。上下左右は結構余裕ですね。
c0071182_244637.jpg

トップはギリギリ。
c0071182_2442531.jpg

長くなってしまったので、次回に続きます。
静音パソコンを作る part2



[PR]
by dtm_hama | 2012-06-18 02:52 | 家電、PC関連 | Comments(0)

免許証更新

免許証更新してきました。
府中は遠いし交通の便が悪いので新宿で更新。
都庁第二本庁舎にあるあれ。しかしああいうところへ行くと未だにちょっとどきどきするカッペです。
帰りはリラックスしてカレー食べて帰ってきました。ゴールド免許になったしな!
c0071182_16311153.jpg

あとパソコンが壊れた。たぶんSSDがおかしいと思う。
ある特定の動作をするとブルースクリーン連発、ソフトもなぜか一部がインストールできない。
一応メモリをチェックしましたが、とくにエラーは出ず。
c0071182_19475388.jpg

代役として急遽インテルのSSDSC2CT120A3K5を買ってくる。
ほんとにSSDがおかしいのかこれで少し様子見。
ってか、もうこの勢いで新PC作ろうかな?
[PR]
by dtm_hama | 2012-06-06 16:36 | 出来事、日常 | Comments(0)