<< ヨーグルトメーカー リベンジ編... こたつヒーター買い換え【メトロ... >>

ヨーグルトメーカー 悪戦苦闘編 【TKY-41】

最近、というかここ何年かは毎日のようにヨーグルトを食べています。
もともとは重度の花粉症を患っているので、その対策として食べ始めたのですが、最近ではすっかりヨーグルトそのものにはまってしまい、一日一個は食べないと落ち着かないヨーグルト中毒になってしまいました。
そんな当方の些細な夢は、山盛りのヨーグルトをお腹いっぱいに食べたい。っていうかヨーグルトメーカーが欲しい。
これがあれば毎日のように新鮮なヨーグルトを山盛り食べられる! と夢見つつも、自分が見た時、ヨーグルトメーカーというものは結構なお値段がしたので、断念した記憶があります。

それからしばらくして、Amazonで適当に商品を見ていたところ、なんというか非常にお求めやすい価格のヨーグルトメーカーを発見。
TO-PLAN(トープラン) ヨーグルトファクトリー(ヨーグルトメーカー) TKY-41
これ。値段が値段なので、大丈夫かなぁと思いつつも、良い評価と安価な値段に釣られて、消耗品を買うついでに購入。これでついに我が家にもヨーグルトメーカーがが!

機能はいたってシンプル。コンセントを入れると電源が入り、抜くと切れる、それだけ。
牛乳パックの中に種となるヨーグルトを入れ、あとは牛乳パックをセットし電源を入れるだけで、発酵開始です。
ってなわけで、冷蔵庫にあった未開封のコープの牛乳とダノンの普通のヨーグルト(ビオじゃないやつ)を種に作ってみた。
c0071182_16184326.jpg


10時間後。


所定の時間発酵させます。牛乳パックは生ぬるく暖まっておりますので、今度は冷蔵庫で冷やします。
冷やすとさらに固まるそうです。
これを寝る前に仕込み、よく冷えた朝に食べる。
ふふんっ、朝からたっぷりヨーグルトが食べられてご機嫌だぜ。なんて陽気に完成したヨーグルトの写真をブログ用に撮ろうと思ったら…。
c0071182_16212638.jpg

ぎゃあああああ。なんじゃこりゃあああ。
できてないじゃーん('A`)
上の方は固まりにくいという情報があったので、上澄みだけかと思ったのですが、8割はこんな感じ。
若干のとろみはありますが、ヨーグルトにはほど遠い……。
においは顔を背けたくなるような、やばそうな牛乳の酸っぱい匂いがする。
いや、発酵するとこんなものなのかな?

失敗した原因はなにか。
1.ヨーグルトと牛乳の相性が悪かったのか。
2.種となるヨーグルトの量に問題はなかったか。
3.手順は間違っていなかったか。
4.かもし足りなかったのか。

ネットの情報やレビューなどを見ていると、どうやら3の最初に仕込む牛乳を常温に戻す作業と、2の種となるヨーグルトの量が重要だそうです。
たしかに、常温に戻す作業が面倒なので、まだ少し冷たかったのにサボって作ってしまいました。得に今は冬場ですし。反省・・・。
猛者にもなると、電子レンジで温めて常温に戻している方もいるそうです。爆発しないように温度にさえ気を付ければ、これもいいかもしれません。
また、4も説明書に発酵時間は8~10時間とありましたが、ヨーグルトによっては15時間経つと固められたという情報もありました。

うーん、なるほどなー。と考え込んでいたら、よく見ると底の方に固形のヨーグルトが。
c0071182_1622515.jpg

取り出してみると、底の方では結構固まっておりました。
c0071182_1627592.jpg

しかしはたして食べても大丈夫なのだろうか。相変わらず酸っぱい薫りが。かもして殺されやしないだろうか……。
勇気を出して一口、味は……。
なにこれ、美味しい。すっごい美味しいw
濃厚なヨーグルトの味に、ほどよい牛乳の味が染みこんでいる感じ。とにかくヨーグルトが濃厚。なにこれほんとに美味しい。
これが全体に出来なかったのが非常に悔しいです。
(ちなみに固まらなかったり、ヤバイ匂いがする時は食べない方がよいそうです。真似しちゃだめ)

今度はもっと慎重に、かき混ぜるスプーンなども煮沸して消毒し作ってみます。
というわけで、次回リベンジ編。
今度は固まりやすいという、ブルガリアヨーグルトで挑戦。
c0071182_16272357.jpg


つづく。リベンジ編


[PR]
by dtm_hama | 2012-03-04 16:45 | 食、料理
<< ヨーグルトメーカー リベンジ編... こたつヒーター買い換え【メトロ... >>