<< 静音パソコンを作る part2... 免許証更新 >>

静音パソコンを作る part1 【Ivy Bridge編】

ここに来て現役のPCの調子が急激に悪くなってきたので、新PCを作ります。
当初はBTOにしようかと思っていたのですが、やはり自分好みのパーツで構成したい欲と、
旧PCから流用できるパーツが多かったので自作にします。
静音メインでOCなし。予算は10万円以内です。
構成は以下の通り↓
・ケース-ANTEC SOLO II
 リアファン-TRUEQUIET120(600rpm)(ケース付属)
 フロントファン-KAZE-JYUNI SY1225SL12SL(500rpm×2)
・電源-Super Flower SF-500P14FG(ファンレス電源。500W 80PLUS認証:Platinum)
・マザーボード-ASUS P8H77-V
・CPU-Core i7 3770 BOX
・CPUクーラー-ENERMAX ETS-T40-TB
 CPUファン-AINEX OMEGA TYPHOON G 120mm 究極静音タイプ CFZ-120GL(900rpm)
・メモリ-CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]
・SSD-インテル 330 Series 120GB SSDSC2CT120A3K5
・ビデオカード-SAPPHIRE ULTIMATE HD6670(ファンレス)
・サウンド-EDIROL UA-5(旧PCから流用)
・HDD-HGST1TB&WD1TB(旧PCから流用)
・ドライブ-Pioneer BDR-207JBK(旧PCから流用)
・OC-Windows7 Ultimate (64bit。これも流用)
アイネックス カームフレックス吸音シート MA-044

自作は久々で、実用機として2台程度しか組み立てたことのない初心者です。
お見苦しい点があるかもしれませんので、色々とご了承ください。
なんのデータもなく初心者が静音PCを組むのは問題なので、
様々なネット情報を参考に組みました。冷却系やエアフローの構成は、某BTOショップの静音パソコンを参考。

ケースは密閉型、電源とビデオカードはファンレスなので、
エアフローを前から後ろに作って冷やす。CPUクーラーはサイドフロー。
冷却が不安だと、ケースフロントファンの回転数をもうちょっと上げていいかも?
とりあえず静音重視で、500rpm×2にしました。
CPUクーラーは800で回してる方もいるみたいなので、もう少し回転数を下げても大丈夫かも。
でもCFZ-120GLの最大ノイズレベルは10.8 dBなので、静音性が気に入ってこれ。
マザボはASUS好きなのでASUS。
ほんとはZ77が良かったのですが、予算を考え、OCなしグラボも一枚なのでH77。
CPUもOCしないので順当にKなしの3770。グリスとヒートスプレッダの問題でOCはちと不安。殻割りする勇気もなし。

と、いうわけで作っていきます。
c0071182_2331549.jpg

・ケース。
SOLO IIのパネルでは、すでにサイドパネルとトップパネルで二層構造の遮音パネルを採用しており、
遮音性が優れたものになっていますが、この上に更に市販の吸音シートを貼っていきます。
使う吸音シートはアイネックスの吸音シート
c0071182_235010.jpg

このシート、Amazonのレビュー通り匂いは強烈。接着剤というかクリーニング店の匂いというか。
なので、しばらく空気に触れる場所で干していたところ、匂いは半減しました。
しかしサイズを確認してから買うべきでした。1個じゃせいぜいケースの片面で尽きます。
やはりこういう吸音シートは全面に貼らないとあまり効果はなさそうなので、
後日もう1個追加注文し貼ることにします。とりあえず今はここまで。
ケースのHDDゲージにあるマウント用のゴムは、賛否両論がありますので、
ここはエアフロー改善のため、取り外して使用することに。
あとSSDはケース右下に取り付けることが可能で、HDDは2台しか搭載しないので、風の通り道を作るため真ん中のHDDトレーは引き抜いておきます。
ファンもくっつける。リアはケース付属のもの。回転はLowで。
付属しているのはリアファンだけなので、フロントにはKAZE-JYUNI SY1225SL12SL×2個購入。
c0071182_2484911.jpg

・電源
SOLO IIでは電源は先に取り付けた方が楽という情報があったので、先に取り付けます。
電源はSuper Flower SF-500P14FG
当初ファンレス電源でもう少しお安いのがあったのですが、ファンレスという不安要素があるだけに、
悩み抜いて、やはり変換効率の高い80PLUS PLATINUM認証のこれに。
電源容量は500W。CPUのTDP 77W、グラボもミドルクラス1枚なので十分だと思います。
電源の取り付け。なんでも前作のSOLOではこのケースの横棒が外れず、電源取り付けで非常に邪魔になったそうですが、SOLO2ではネジ止めで取り外しができるようになっているため、外して簡単に取り付け。
c0071182_2384336.jpg

電源の位置。ヒートシンクがある方を下にしました。
ファンがないので、上部分のメッシュになっている所は使わず、下にしてエアフローの流れで冷やせればと。

・マザーボード&CPU
CPUとCPUクーラーの取り付け。
慣れない作業+値段がもっとも高い部品なので、ここが一番どきどき。
c0071182_2451968.jpg

CPUクーラーのETS-T40-TBはバックプレート、取り付けは慣れないと大変ですね。
でも他の複雑なバックプレートより、ETS-T40-TBは比較的簡単に取り付けられると思います。
シリコングリスはCPUクーラー付属品を使う。塗りは押し広げ方式で簡単に。
CPUの取り付け、シリコングリスの塗り方などはこの辺りを参照↓。
http://www.dosv.jp/feature/1005/15.htm
http://www.dosv.jp/feature/0606/14.htm
CPUクーラーは付属のファンは使わずに、CFZ-120GLをくっつける。
c0071182_338347.jpg

ミドルタワーケースの中でも小さめのSOLO IIに、ENERMAX ETS-T40-TBが干渉せず取り付けられるかどうか心配でしたが、
事前にネットで調べたところ、SOLO+ETS-T40-TBで自作されている方がいましたので、IIでも大丈夫だろうと購入。上下左右は結構余裕ですね。
c0071182_244637.jpg

トップはギリギリ。
c0071182_2442531.jpg

長くなってしまったので、次回に続きます。
静音パソコンを作る part2



[PR]
by dtm_hama | 2012-06-18 02:52 | 家電、PC関連
<< 静音パソコンを作る part2... 免許証更新 >>